卵巣脳腫〜手術・症状とダイエット

卵巣脳腫と手術・ダイエット

卵巣脳腫の手術を友人が受けました。
もともと少し太ってはいたのですが、何だかお腹が出てきたようだということで
病院にいき精密検査をしたら卵巣脳腫だということがわかったのです。

卵巣脳腫の手術を受けることに決まったとき、医師からのアドバイスは、痩せること。
お腹の脂肪が多すぎると手術後、開腹した部分がくっつきにくくなり
回復が難しくなるからだそうです。

そこで、卵巣脳腫の手術までの約2ヶ月間でダイエットをして
15キロも痩せることに成功!その後の卵巣脳腫の手術はもちろんうまく行き、
とても大きな卵巣を摘出したのですが、手術後1週間で退院してしまいました。
30代前半の女性ですが、ダイエットをしたお陰でとても順調にいったようです。

卵巣のう腫は、卵巣がんとは違い、良性の腫瘍が卵巣にできてしまうもの。
初期のころは、あまり傷みも無く特に目立つ症状もないので、
うっかり見逃してしまうのが、この卵巣脳腫という病気の怖いところ
だそうです。
彼女の場合も、最初はまた太ってしまったのかな?と思っていたそうで、
思い切って精密検査をしなければ分からず、手遅れになってしまっていたかも
しれません。

卵巣脳腫を見逃していると、最後には突然ひどい痛みを感じたり、
最悪のときには破裂したりして大変なことになるそうです。

今は、卵巣脳腫の手術もうまく行き、おまけにダイエットで痩せることもでき、
とってもハッピーになった彼女。お腹に少し違和感を感じたり、
あまり食べていないのにお腹が出てきたとか、いつもの月経(生理)の痛みが
ちょっと違うと思ったら、病院に行ってみたほうがいいかもしれません。

卵巣脳腫 〜手術・症状とダイエットメニュー